VDT症候群の改善に効果

VDT作業による辛い症状が一回の鍼灸治療で改善

女性 45歳 会社員

VDT症候群と肩こり・首こり・頭痛の鍼灸
患者様の声(クリックで拡大)

 

パソコン作業と仕事のストレスから体が悲鳴をあげているのがわかりました。友人が似たような症状の時、鍼をやったらものすごく楽になったから試しに探してみたら?と教えてくれたので、すがるような気持ちでネットで市内で通えそうなところからこちらの医院のホームページのわかりやすさに惹かれて来院しました。鍼への恐さもないと言ったら嘘になりましたが、それよりこのつらさを何とかしたい!と言う気持ちの方が大きかったです。治療中はとても気さくでわかりやすく説明もしてくださり、とてもリラックスできてきもちよくてうとうとしてしまいました。今後も定期的に通い自分の体のメンテナンスをしっかりやっていこうと改めて感じました。とにかく1回の鍼であそこまで体が楽になるとは驚きでした。


いつも長時間パソコンに向かって仕事をしており、先週多忙にて一週間ほど根を詰めて仕事をしたら左首がかなり凝って痛くなったと来院。背骨をみると逆C状に湾曲していたため左肩側が下がり、恐らくその姿勢の状態で長時間のPC作業によって左側に負担が出来たと思われます。このように逆C状になる方は平素から間食や甘いもの、炭水化物を多く摂る方に見られることが多いため確認したところ、やはりお米やパンが大好きということでした。

治療は消化器を中心に整えたところ、一回でかなり首や肩が楽になったとのことでした。肩には大腸や小腸の経絡が走行するため腸が汚れると肩が凝りやすくなります。たとえ長時間のPC作業による肩こりでも内臓を整える治療をするとしないとでは効果の持続もかなり違ってきます。PC作業をしながら間食をよくする人は少し改善されると良いでしょう。


横浜関内|王漢方鍼灸院

ブログトップへ