肩こりの鍼灸治療とその原因

肩こりは「未病」のサイン

横浜の肩凝り専門鍼灸院肩こりほど多くの病気の隠れたサインとなっているものはありません。肩こりとはつまり未だに病名がつくほどではないが何らかの不調が潜んでいるという状態であると言えます。よく西洋人は肩が凝らないといいますがそんなことはありません。肩が凝るという方を実に多く治療して参りました。しかしイメージ的にも肩こりの割合が多くないのは確かです。もっとも考えられる理由は私達日本人に比べて運動することを好み、食生活も比較的シンプルだからだと考えられます。しかしPC作業やスマホ中心の生活によって、今後はVDT症候群と並び、肩こりも世界共通の症状となってくると思われます。

肩こりの原因

 根を詰めて仕事をしたり、長時間何かの作業を繰り返せばもちろん肩はこります。しかし多くはお風呂に入ったり一晩も休めば回復するものです。しかし何日経っても肩や首が辛い、重い感じがするようならいわゆる肩こり症状と言えます。どの筋肉が凝っているかなどの解剖学的説明や原因など、読むだけで肩が余計凝ってきそうな説明は他の専門サイトに任せるとして、ここでは簡単に重要な要点だけを述べたいと思います。重大な内臓疾患や脳神経疾患を除けば、肩こりの主たる原因の多くは以下の3つに起因します。

鍼灸院で肩こりの原因を取るその1

逆上せ(のぼせ)

 何らかの原因で体のエネルギー(気)が上半身に集まるタイプ。もっとも一般的な肩こり症状である僧帽筋が凝って辛いと訴える事が多い。俗に言うメタボと呼ばれる中にこのタイプが多く、特に原因もないのにいつも肩が凝るという方は、食べ過ぎによる腸への負担が根本的な原因になっていることが多い。特に男性はお酒、女性は砂糖製品など高カロリー製品を摂り過ぎると、血液の性質が悪くなって鬱血状態になり易く、顔色が赤黒い・静脈瘤が多いなどの傾向がある。このタイプは凝っている箇所に鍼を沢山しても、肩を揉んでも一時的には良いが直ぐに症状が戻ります。まずは食生活を改善し、鍼灸治療で腸と気のバランスを整えないと改善しません。

鍼灸院で肩こりの原因を取るその1

静止作業

 細かい作業を必要とする手仕事、PCワークや長時間の目の酷使する方に特徴的。手の前腕やワキの下・後頚部が凝ると訴える事が多い。筋肉は一般に絶えず動かしているよりもじっと同じ姿勢をキープすることの方が疲労するといわれ、運動による筋肉のポンプ作用が無い分発痛疲労物質がより貯りやすい。またPC画面を凝視することは、絶えず瞳孔の開閉やピントの調節をするため、目の筋肉が凝ってくると首全体も連動して凝ってまいります。さらに網膜への高光度の刺激は交感神経を常に刺激し、脳と身体全体を緊張させるため不眠を招くとも言われます。長時間固まった筋肉はマッサージで取るのは難しく、鍼などの刺激でないとなかなか取れない。

鍼灸院で肩こりの原因を取るその1

ストレス

 トラブルなど精神的に負担がある方、神経を細かく使う労働環境にいる方、平素から気を使いすぎる方に多いタイプ。このタイプは後頚部よりも側頚部から肩甲骨にかけて凝って辛いと訴えることが多く、メニエール症やめまいを併発しているケースが非常に多い。また「〜したいけど〜も心配」などのように平素から思考が複雑で考え過ぎる傾向にある人や、物事がなかなか決められない・脳が何となく疲れるというような方もこのような凝り方をしやすい。鍼や灸で自律神経を整え気の流れをよくしてあげるとスッキリすることが多い。またヨガや瞑想など何かに集中することで無駄な思考を止めて、脳を休める訓練やエクササイズをするのも良い。

肩こりの鍼灸治療①

女性 41歳 会社員

主訴
学生の頃から肩こりに悩まされている。特に何か仕事したり、肩を凝らすようなことはしていないのに、首筋から肩が凝って重い。
診察所見
舌の苔が厚く黄色い。とにかくご飯が美味しいとのことなので食べ過ぎている感がある。便秘がち。生理不順がある。
治療経過
食べ過ぎや胃腸に負担をかけると肩こりになりやすい。また便秘も肩こりを作る要因になることから、週1回のペースで胃腸を整える治療することで、肩凝りを解消し、また根本的な原因である、胃腸の停滞感や便秘がなくなった。



肩こりの鍼灸治療②

51歳 女性 主婦

主訴
仕事を始めた(10年前)ぐらいから肩甲骨の間から首筋にかけて凝る。周囲に気を使いすぎて、精神的に疲れている。疲労が強いときは、目がショボショボする。
診察所見
神経質でいらいらしやすい性格。また取り越し苦労になりやすい。風に当たるとすぐ涙が出る。夜がよく眠れない。
治療経過
中国医学ではイライラしたり涙が出るなどの症状は肝臓が弱りとみる。肝臓を元気にする治療を中心にしつつ、頸・肩胛骨周りを週1回のペースで鍼灸治療すると、以前より肩が楽になり、精神的にも楽になったと喜んでいる。s

他にも多くの方の肩こりが改善されております!

肩こりの鍼灸の口コミ

NEWS  

〜お詫び〜
現在多くの患者様にご来院頂いており、治療予約が取りにくい状況が続いております。
新規来院をご希望の方は早期のご予約をお願いします。

HOME > 各種鍼灸治療症例 > 肩こりの鍼灸

横浜関内・みなとみらいの鍼灸院はこちら
関内・みなとみらいの口コミ鍼灸院
関内駅から5分の王漢方鍼灸院へのアクセス
横浜関内・みなとみらいの鍼灸治療の予約と治療費
横浜中華街付近の王漢方鍼灸院の伝えたい思い
横浜の腕のいい鍼灸なら王漢方鍼灸院
横浜市中区の王漢方鍼灸院鍼灸FAQ

横浜関内・みなとみらいの王漢方鍼灸院への予約

診療