横浜市中区関内の王漢方鍼灸院のFAQ

関内・みなとみらいの鍼灸院Q&A

Q1 : 鍼灸は痛くないでしょうか? 

 「針灸治療はまったく痛くありませんよ!」
と申し上げましても、皆様にはピンとこないかもしれません。実際治療をする側なら必ずそう言うでしょう。しかし看護士さんにも注射の上手な方、下手な方がいらっしゃるように、鍼灸師にも上手な方、下手な方がいるものです。下手に刺せば勿論痛いですが、逆に上手にツボに当てるとむしろ心地良く感じます。しかし全体的に言えることは、次の一言に尽きると思います。 「今、あなたの持つ苦しみと痛みに比べれば、些細なものです」治療が終わったとき、皆様そうおっしゃいます。

Q2 : 鍼灸の治療回数

 それぞれの体質や症状・罹病期間によって、こればかりはハッキリと何回と言えるものではありません。症状によっては難しいと思われた症状が一回で好転したり、逆に軽症で頑固なものもあります。
経験から言えば、平素から生活習慣が良く、薬にあまり頼らない方ほどよく治るようです。また病は気からと言われるように、針灸に対する信頼と期待を高く持つことも治療効果を高める要素です。そして何よりも治療自体が苦痛でないこと。そのために当院ではなるべく軽度の刺激を心がけています。まずは2、3回治療を受けてみることをお勧めします。

Q3 : 鍼灸医学とは

 鍼灸医学は約3千年もの間、漢方薬と並んで中国の医療を支えてきた中国の伝統医学です。電気はもちろん、レントゲンやMRIなどの検査機器で、体の中を診ることができなかった時代に、古代の中国人は体の表面から体内の異常を見つけ出し、治療していました。このときに確立されたのが四診法と呼ばれる中国医学独特の診断法です。針灸医学は脈の打つリズム、舌の色や状態、全身の経絡やツボなどに出ているサインを、患者さんの訴える症状に結び付けて総合的に診断し、異常のある経絡やツボを刺激して、体に起きている気(エネルギー)のアンバランスを正常化することで、自己治癒力を高めて病気を治す医学です。

Q4 : 鍼灸の安全性

 針灸治療に使う鍼というのは、病院の注射針のように皮膚を切って刺入するのとは違い、潜り込んでいく感じですから肉体組織を傷つけません。だから血がでません。また整体やカイロプラクティックなどのように、急激な力を加えたり捻ったりする治療ではなく、体表面にあるツボに刺激を与えるだけなので安全です。当院で使用しているハリは、他と比べるとかなり細いものを使用しており、技術を要する分痛みを感じません。ハリもすべて一回限りで使い捨てますので、安心して治療をお受けください。

Q5 : 「未病」を治す医学

 「健康」と「病気」というのは簡単に分けられるものではありません。ハッキリ症状として現れる前には、かならず前兆があるものなのです。この前兆に殆ど気づかないのは、私達の体の中に、それを自動的に修復する自然治癒力が備わっているからです。病院では異常がないのに、腰が重い、食欲がない、寝つきが悪い、元気が出ない、頭が重いなどの症状は、体の働きが低下して十分にその力を発揮できない状態で、免疫機能が低下し、細菌やウィルスに最も感染し易い状態にあると言えます。古代の中国はこの状態を「未病」と呼び、この本当の病気になる前、すなわち検査数値として現れる前の段階に治すのが最もよいと考えました。現在の最先端の予防医学の概念が、既に3千年も前に存在していたのです。

Q6 : 内臓が悪いと言われましたが

 『内臓が悪いですと言われましたが、病院の検査値で一度も引っかかったことがありませんが?』 
よくある質問ですが、これは現代医学が代謝の数値を見ているのに対し、東洋医学は元気を重視します。学校で言えば成績が良いからといって元気かというとそうでは無いのと同じです。また東洋医学では病気になる根本的原因を、各臓器間の協調性と拮抗のバランスの崩れと捉えています。スポーツで例えるなら、中国医学では個人よりチームプレーを重視しています。つまりチーム全体がバランスよく動いてるときを健康、誰かが怪我をして元気がない状態を病気と言えます。従って悪いと言われても特に心配することはありませんが、数値に表れてしまってからでは治療に時間を要するようになります。

Q7:オーダーメイドの鍼灸医学

 東洋医学と現代医学の最大の違いは、治療するのは病名ではなく病んでる状態を改善するいう点です。ですから同じ腰痛でも、足にシビレを伴う人、冷えを感じる人、膝に問題がある人など、人それぞれ微妙に違うところに着目します。そんな症状が関係あるの?と思われるものが、実は治療の鍵だということが中国医学では多くあります。それらを無視して、画一的にただ「痛み止めを飲んで、あとは湿布しておいて下さい」だけでは治るものも治りません。鎮痛剤はあくまで痛み止めであって、治しているのはあなた自身の治癒力なのです。体の状態に合わせてバランスを整え、自然治癒力が発動する状態に戻すことこそ、本当の意味で治療なのです。また人それぞれにオーダーメイドで治療することは、平均値医学から外れた方々に対しても大きく効果を発揮します。